スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/4の巡礼日記(北海道編No.3)

北海道3日目は函館に行ってきました。
まずは朝の6:30にホテルを出て札幌駅へ。
みどりの窓口でCRYMさんに教えてもらった得割きっぷを購入。
朝と夕の一部の便に限定されますが
札幌-函館間(往復)の特急指定席が\12000とかなり割安で購入できます。
そして7:00始発のスーパー北斗2号に乗車。
932429_1668931325_46large.jpg
スーパー北斗は「自分が函館の中に入っていくんだなあ、北海道を探訪してるんだなあ」、と
感じられ、発狂が叩けないオッスマンにふさわしい特急
とかバカなことつぶやいてるうちに函館駅に到着w
932429_1668931312_220large.jpg
※実際は3時間以上かかります

函館に到着して、
まずは駅からすぐの函館市電に乗り換えて函館山方面を目指します。
今時珍しい路面電車
932429_1668931306_8large.jpg932429_1668931302_62large.jpg
自分が今まで乗った中では江ノ電が一部区間路面を走ってたぐらいかな?

十字街駅で下車して末広町方面へ市電(通り)沿いに歩くと
川越電化センター及びその横に伸びる大三坂が函館最初の目的地です。
932429_1668931300_179large.jpg932429_1668943754_37large.jpg
ここは1・2日目にも探訪したminoriのWind -a breath of heart -に登場しました。

そしてこの大三坂を少し上ると
932429_1668931282_162large.jpg932429_1668971101_16large.jpg
ここはKeyのAIRで神尾家のモチーフとされた創作フランス料理屋
・・・という下調べの前情報だったのが久留葉という蕎麦屋になっていて
思わず「観鈴ちん ピンチ(死語)」でしたが
外観はそのままでセーフでしたw
932429_1668971099_114large.jpg
写真は霧島診療所に続いてAIR ART WORKSより

そして更に上ると
932429_1668931279_160large.jpg932429_1668944016_31large.jpg
今度は本日メインとなるALcotのFairChildの通学路に登場した場所があります。
函館の同じ通り(坂)に3つの異なるゲームの聖地が重なっているのは非常に珍しいです。
932429_1668943998_53large.jpg

まだまだ坂は続きますが
932429_1668931271_78large.jpg
この周辺は伝統的建造物として保護されている建物や
932429_1668931258_96large.jpg932429_1668931253_1large.jpg
たくさんの教会群、更には東本願寺など寺社までが建ち並びます。
932429_1668931037_168large.jpg932429_1668931032_161large.jpg
そんな町並みの中には二十間坂(や周辺寺社)にふさわしくないとして
撤去まで求められている北村水産の二十間坂の自由の女神像なんてものまで(笑)
932429_1668931246_153large.jpg
それらを眺めながら函館山ロープウェイ乗り場に到着。
932429_1668931238_96large.jpg
大人一人 往復で¥1160です。

ロープウェイからの景色
932429_1668931236_9large.jpg932429_1668931227_137large.jpg
932429_1668931079_237large.jpg

函館山山頂へ到着
932429_1668931221_108large.jpg932429_1668931106_29large.jpg

そしてここもFairChildにて使用されました。
932429_1668931104_227large.jpg932429_1668943987_172large.jpg

一部他CGにも函館山のカットがありますね。
932429_1668943802_231large.jpg

函館山からの景色
932429_1668931218_122large.jpg932429_1668931214_253large.jpg
932429_1668931210_27large.jpg932429_1668931111_203large.jpg
北東は快晴ですが南東は霧がかかっています。
ちなみにFairChildの行動選択画面のMAPもここからの景色や函館の地図にそっくりw
932429_1668944008_174large.jpg

ここでも小樽に続いてカップルに記念撮影を頼まれたのですが
自分が話しかけやすかったのか、色々なアングルでカメラを構えていたので
スキルでもあると思われたのだろうか(笑)

函館山の歴史背景など
932429_1668931102_166large.jpg932429_1668931099_238large.jpg

ゴンドラの使用済み車輪のゴムで作られたロボット
932429_1668931095_54large.jpg932429_1668931088_14large.jpg

そして函館山といえば夜景で有名ですが
残念ながら夜までは滞在できなかったのでパネルの夜景をどうぞ。
932429_1668931086_58large.jpg
函館山の夜景は日本三大夜景にも含まれていて
今年の3月にホチキスの巡礼で巡った神戸の摩耶山と今回の函館山で
聖地巡礼しているうちに2ヶ所まわっていたようです。
そしていずれも訪れたのは昼という(笑)
残る一ヶ所は長崎県。
Wind -a breath of heart -やAQUAの聖地巡礼でワンチャンあるかも知れない。

以上で函館山の散策は終了して
ロープウェイ乗り場からすぐの函館護国神社へ。
932429_1668931073_8large.jpg
ここもFairChildにて使用されました。
932429_1668931070_95large.jpg932429_1668943883_120large.jpg
ここもとばりのイベントCGで別カットが幾つかありますね
932429_1668931055_143large.jpg932429_1668943809_217large.jpg
932429_1668931049_240large.jpg932429_1668943805_112large.jpg

せっかくなのでおみくじもやってみた。
932429_1668931043_192large.jpg932429_1668931040_81large.jpg
年始(久能山東照宮)→大吉
1/9(神田神宮)→中吉
3月(摩耶山天上寺)→大吉
6月(函館護国神社)→末吉

なんか悔しいなぁ^^;


函館護国神社を見終えて坂を下って市電の通る大通りへ。
再び末広町方面へ向かって途中で北島三郎記念館を覗いたり
932429_1668931029_247large.jpg
(さぶちゃん記念館の入館料¥1500は流石に高過ぎと思ったので入るのは止めたw)

埠頭から函館の海を撮影したりしつつ
932429_1668931027_65large.jpg932429_1668931014_240large.jpg

前日にCRYMさんからお食事券をもらったラッキーピエロ
ベイエリア本店に到着。昼飯を摂ることに。
932429_1668931013_53large.jpg
 メニュー
932429_1668931011_147large.jpg
店舗にも寄るけど隠しメニューで函館山バーガーという巨大バーガーも
932429_1668930993_106large.jpg932429_1668930990_136large.jpg
自分はチャイニーズチキンカレーとラッキーボール(特大の胡麻団子)を注文。
味付きのから揚げが美味しく味もボリュームもかなり満足できました。

食べている途中、フトッチョバーガーを注文している学生がいて
店員がベルを鳴らしながら持ってきて
「お客様の今後のご健康を~」とか口上述べてたのにはワラタw
そしてこのラッキーピエロとバーガーのくだりも実はFairChildに登場しています。
932429_1668943846_191large.jpg932429_1668943843_71large.jpg
932429_1668943839_18large.jpg932429_1668943828_66large.jpg


ラッキーピエロで昼食後は十字街駅まで戻り再び函館市電に乗車。
ちなみにこの函館市電もゲーム中に登場していたりします。
932429_1668930987_149large.jpg932429_1668943960_69large.jpg
これはFairChild。
景色の一致するところまではgoogleストリートビューで探しきれませんでしたが
函館市内に一致する場所があるのだろうか?

Wind -a breath of heart -とFairChild共に車内も登場します。
932429_1668930976_64large.jpg
932429_1668943756_76large.jpg932429_1668943918_186large.jpg
立ち絵でどちらの画像かは判別してください^^;
932429_1668943735_87large.jpg932429_1668943911_29large.jpg

函館市電で函館駅を挟んで今度は函館山と反対方面の五稜郭へ。
こちらは聖地巡礼ではありませんが
せっかく北海道(函館)に来たので個人的な趣味です。

五稜郭公園前駅で下車し15分程度歩くと
五稜郭タワー及び五稜郭が見えてきます。
932429_1668930965_254large.jpg932429_1668930962_56large.jpg

まずは五稜郭へ
932429_1668930957_84large.jpg932429_1668930954_39large.jpg
入り口の藤棚
932429_1668930902_89large.jpg932429_1668930892_198large.jpg
アーチの下と塀の上からそれぞれ鑑賞できる様になっています。

復元された箱館奉行所
932429_1668930888_185large.jpg
2010年開館ってかなり新しいなぁ。
入館料は大人¥500で館内撮影可です。
932429_1668930876_59large.jpg932429_1668930873_91large.jpg
932429_1668930871_247large.jpg932429_1668930868_159large.jpg
72畳の大広間は圧巻。
932429_1668930886_19large.jpg932429_1668930884_114large.jpg
復元した厠(当然便器内部まで復元していない)に
"使用しないで下さい"の注意書きがわざわざあってワラタw

再び館内
実物を再現したフロアとパネル等による歴史解説のフロア、
あと資料展示などのフロアが主かな?
932429_1668930865_87large.jpg932429_1668930860_152large.jpg
932429_1668930859_47large.jpg932429_1668930857_7large.jpg
932429_1668930822_215large.jpg932429_1668930805_85large.jpg
932429_1668930804_1large.jpg932429_1668930803_216large.jpg
932429_1668930800_202large.jpg932429_1668930794_174large.jpg
932429_1668930782_3large.jpg932429_1668930779_215large.jpg

前日の小樽でも見かけたけど、
ここも修学旅行の定番だけあってたくさんの学生を見かけました。
再び園内の景色
932429_1668930772_244large.jpg932429_1668930764_156large.jpg
932429_1668930733_101large.jpg932429_1668930732_63large.jpg

園内を一通り見終えて今度は五稜郭タワーの方へ。
932429_1668930731_242large.jpg
展望台への入場は一般・大人¥840です。
タワー内にも様々な資料やパネルがあります。
932429_1668930680_192large.jpg932429_1668930676_203large.jpg
932429_1668930657_38large.jpg932429_1668930653_157large.jpg
エレベーターで展望台に昇って星型である五稜郭の全体像を撮影。
932429_1668930675_165large.jpg
パンフレットによると展望台は高さ90m、全高107mだそうです。
上る人の目的の大半はこれですよね。

932429_1668930662_45large.jpg
ビッグサイトといい函館山といい
なんでもロボットにすりゃいいってもんじゃないだろ!w

以上で函館市近郊の散策は終了。
いったんJR函館駅に戻り時間は15:00。
これならいける!と思い、特急を使えばわりとすぐ(鈍行はお察し下さい)の
大沼公園へ行くことに。


JR大沼公園駅到着
932429_1668930649_60large.jpg932429_1668930423_235large.jpg
駅では停車中に窓からも沼の景色が見えます。

駅から出てすぐの場所には幾つかの土産物屋があり
レンタサイクルも行っています。
そのうちの一つであるフレンドリーベアさんで自転車をレンタル。
932429_1668930568_165large.jpg
熊の剥製が目印
932429_1668930571_130large.jpg
本当にフレンドリー・・・か?(笑)
※店のおっちゃんはいい人です

まずは自転車ですぐの大沼湖の入り口付近にて
932429_1668930511_85large.jpg932429_1668943952_254large.jpg
ここもFairChildで使用されました。
932429_1668943942_139large.jpg
愛音と遊びに来て直後に誰のルートにも入らずBAD ENDに(笑)
932429_1668943803_61large.jpg
とばりのイベントCGにも同じ場所のカットがありますね。

この辺りの写真は入り口付近です。
932429_1668930567_187large.jpg932429_1668930534_222large.jpg
932429_1668930522_89large.jpg932429_1668930516_81large.jpg
大沼公園は秋川雅史の"千の風になって"の歌詞誕生の地みたいです。
記念のモニュメントも
932429_1668930529_6large.jpg

ここからは大沼湖を一周(約25km)するサイクリングコース沿いの風景
932429_1668930508_67large.jpg932429_1668930506_154large.jpg
932429_1668930494_42large.jpg932429_1668930491_41large.jpg
932429_1668930488_4large.jpg932429_1668930481_217large.jpg
932429_1668930478_177large.jpg932429_1668930472_150large.jpg

途中のフレンドリーベアふれあい牧場で休憩できます。
932429_1668930462_183large.jpg
932429_1668930454_133large.jpg932429_1668930453_7large.jpg
932429_1668930449_106large.jpg932429_1668930441_166large.jpg

再び自転車で。途中桟橋伝いに湖畔に出れる場所も
932429_1668930437_153large.jpg
932429_1668930433_12large.jpg932429_1668930431_195large.jpg
932429_1668930429_251large.jpg932429_1668930427_124large.jpg
天気が良いと湖を挟んで駒ケ岳を見ることが出来ます。
この日も絶好の快晴でした。

この日は時間の都合、
小沼湖周辺やその他の場所は周れなかったのが残念ですが
湖畔は景色も非常によく夏は避暑地としても良さそう。
遠方ですがまた来てもいいと思うぐらいに本当に素晴らしい場所でした。

夕方17:00頃、この日は平日ということもあったのか
駅で札幌への帰りの電車を待っているのは自分だけでした。
待っている間に駅員さんも気さくな方で色々と話しかけてきたり
アットホームな雰囲気の駅だったのが印象的でした。
932429_1668930421_159large.jpg
帰りは北斗19号。
窓際に座れたので幾つか車窓からの写真を撮ってみました。
932429_1668930414_74large.jpg932429_1668930411_122large.jpg
932429_1668930409_81large.jpg
札幌と函館は快晴でしたが
途中の海沿いと山間部が運転に遅れが出るほどの濃霧で天気のギャップに驚きました。
結局この日は22:00頃札幌のホテルに帰還。
疲れたけど今までで一番いい旅になったと思います。


余談ですが駅の広告や
特急指定席に挟まっているパンフレット及び車内アナウンスで
大沼公園駅では大沼牛の牛めし駅弁を販売しているというのを耳にしました。
購入するには電車の30分前に連絡して駅まで直接届けてもらうか
この駅に停車して積み込む駅弁を車内販売で買うかで
(こちらも予約が必要な場合あり)
電車待ちの際に折角なので電話してみたら
「あいにく本日は終了していまして・・・」と言われて諦めかけたのですが
車内販売の方を運よくゲット(これも平日だからか?)
932429_1668930420_39large.jpg
購入時にまだ夕方だったこともあり
ホテルに戻ってから開封してみましたが
牛めしと牛そぼろご飯の組み合わせでとても美味かったです。
932429_1668930406_216large.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淫獣

Author:淫獣
静岡で毎月末に積みゲーの塔を建造中。
その他の趣味は音ゲー(IIDX)や漫画・ラノベなど。
最近は食べ歩き資格取得も色々と

・beatmania IIDX
ID:1617-3314 
SP十段/DP十段
フォロー・ライバル登録ご自由にどぞー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
先生、お兄ちゃんを好きになっちゃ駄目ですか? 『お兄ちゃんティーチャー(おにティ)』応援中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。