スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険物取扱者乙種第4類

DSC03525.jpg

試験時期:都道府県により異なる(静岡県では2月・6月・11月の年3回)
取得年月日:平成24年7月
難易度:★★
試験実施団体:消防試験研究センター

資格を取ろうと思い立ちまず入門として選びました。
数ある資格の中でも非常に知名度が高く
ガソリンなどを代表とする4類の危険物(引火性液体)の取り扱いと監督ができます。
無人のセルフスタンドには必ずこの資格(もしくは甲種)を持った人が監視しています^^;

試験時期は各都道府県ごとに違い、
東京ではほぼ毎週実施されていますが静岡県では2,6,11月の年3回です。
自分が受験したこの頃(H24 6月)は
まだ資格を取るための勉強の仕方もわかっておらず
有名な資格だし簡単だという話もよく耳にしており
適当に眺めて見つけたサイトでオススメされていた
成美堂出版の問題集のみで大丈夫だろうとタカをくくっていました。
DSC03531.jpg
そして試験当日

「見たことがない問題ばかり・・・」

頭の中が真っ白になりました。
そりゃ当然です。
問題集では基本的に問題と不正解の選択肢周辺のみが解説され
試験の問題や範囲全てをフォローしているわけではありません。
しかも過去問の公表も一部のみの試験ですので
問題集の問題と実際の問題で剥離した問題が多く
合格ライン6割スレスレの低空飛行で奇跡的に合格できたものの
参考書選びの重要さと勉強の仕方を教えさせられた試験となりました。

試験自体の難易度としては
法令/物理・化学/性質・消火の3科目に分かれ
それぞれで6割を取る必要があります。
物理・化学は大多数の方はあまり勉強しなくても点を取れるかと思います。
残るは法令/性質・消火ですが
後者は4類で最もメジャーなガソリン・軽油灯油辺りが細かく出題され
他にも色々なものがありますが
身近な物が混じっている分、覚えやすいです。

よって難易度としては世間で言われてるほど簡単ではない(無勉ではまず合格できません!)ですが
正しくしっかり勉強すれば7~8割は堅いくらいの難易度です。
確実に合格するなら問題集は9割以上完璧にし、
1,2問は点を取らせる気がない難しい問題が出題されますので
そういった予期しない問題を捨てても大丈夫なレベルにしておきましょう。

法令をいかに正確に覚えるかと
テキストと問題集をしっかり情報を集めて選ぶ。
(独学での資格取得は参考書を選ぶ段階から戦いが始まっています)
またネットの問題を公開しているサイトを利用したり
乙四に関しては通称・赤本という過去問集もあります。
それらを有効活用すれば容易に取得できるはずです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淫獣

Author:淫獣
静岡で毎月末に積みゲーの塔を建造中。
その他の趣味は音ゲー(IIDX)や漫画・ラノベなど。
最近は食べ歩き資格取得も色々と

・beatmania IIDX
ID:1617-3314 
SP十段/DP十段
フォロー・ライバル登録ご自由にどぞー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
先生、お兄ちゃんを好きになっちゃ駄目ですか? 『お兄ちゃんティーチャー(おにティ)』応援中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。