スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/3の巡礼日記(北海道編No.2)

北海道2日目は小樽に行ってきました。
レンタサイクルの予約を入れた自転車屋が8:30開店なので
それに合わせて8:00過ぎにホテルを出発。

まずは小樽へ向かう前にJR札幌駅北口にて撮影。
932429_1668891993_226large.jpg932429_1668943823_198large.jpg
ここは一応ALcotのFairChildの駅前のモチーフになっているみたいですが
なんとなく似ているような似ていないような?
932429_1668943814_54large.jpg
ちなみにこのゲームの巡礼は翌日の函館がメインとなります。

札幌駅から函館本線に乗り小樽駅へ。
進行方向右手に海沿いの良い景色を眺めることができ
30~50分ほどで小樽駅に到着。
932429_1668891992_93large.jpg

まずは駅前
932429_1668891986_185large.jpg932429_1668891982_125large.jpg
この駅舎と歩道橋&道路を組み合わせると
932429_1668943707_103large.jpg
本日のメインで巡ることになるFAVORITEの星空のメモリアの駅前となります。

駅からまず予約を入れたちゃりんこ・おたるさんへ。
932429_1668891980_207large.jpg
駅東側の運河方面をまわるだけなら通常の自転車で問題ありませんが
駅南西側の旭展望台(山)方面へ行くつもりだったので
今回、電動アシスト自転車を半日レンタルしました。
小樽市の縮尺1/25000及び観光地や飲食店などが書かれた地図も無料で貰えます。

自転車をレンタルしてまずは旭展望台方面へ。
国道697号沿いに途中のY字路を展望台方面とは違う道へ入り
更に途中で曲がり総合体育館へ向かう途中(紅葉橋の坂)に
932429_1668891966_85large.jpg932429_1668943687_237large.jpg
星空のメモリアで通学路として使われた場所があります。
932429_1668943619_238large.jpg
衣鈴の「死ねばいいのに」は名台詞w

いったん道を戻って先ほどのY字路を今度は小樽商業高校方面へ。
その途中、前日にも巡ったminoriのWind -a breath of heart -で
自宅マンションとして使われたマンションがあります。
932429_1668891958_75large.jpg932429_1668943783_91large.jpg
改装中・・・

駅西から既にかなりの坂道でしたが
マンションのある場所から更に坂を上ると小樽商業高校があります。
932429_1668891948_252large.jpg
932429_1668943697_57large.jpg932429_1668943689_9large.jpg
ここは星メモの学校のモチーフとは違うとは思いますが
高校の反対側、更に急になっている坂から旭展望台方面に向かえます。

932429_1668891943_86large.jpg
完全に山道・・・

932429_1668891934_226large.jpg
既にここまででだいぶ距離がありますが
山道の1.3kmなので体感で非常に長く感じます。
GWに麻耶山頂で異様に長い0.8kmを体験したばかり(笑)
徒歩はオススメできません。

932429_1668891939_48large.jpg
6/3のこの時期になんとセミを捕まえました!
エゾゼミって種かな?

932429_1668891924_154large.jpg
なんとか旭展望台入り口に到着。
電動アシスト様様

まずは展望台手前にて
932429_1668891920_32large.jpg932429_1668943620_223large.jpg
ここは星空のメモリアで重要な場所ですね。

932429_1668891917_111large.jpg
それでは展望台へ
932429_1668891912_58large.jpg932429_1668943708_240large.jpg

小樽の運河から遠く海の防波堤(白灯台赤灯台)まで
絶景が見渡せれます。
932429_1668891909_116large.jpg932429_1668891907_247large.jpg
932429_1668891903_103large.jpg932429_1668891898_209large.jpg
932429_1668891893_173large.jpg932429_1668891892_133large.jpg

ここで夫婦連れの観光客に小樽の景色を背景に記念撮影を頼まれたりもしましたが
残念ながらロリ死神はいませんでした(笑)
どうやら大阪からフェリーで来てここまで車で登ってきたとのこと。
932429_1668943711_142large.jpg932429_1668943596_167large.jpg

ちなみに展望台からすぐのところに
樺太記念碑と小林多喜二の文学碑もあります
932429_1668891882_207large.jpg932429_1668891866_190large.jpg
932429_1668891848_47large.jpg932429_1668891844_97large.jpg

さて、以上で駅の南西方面は終わり
苦労して登った山道を10分ほどで軽快に滑り降り
今度は展望台から見ていた駅東側の運河方面へ。
途中北のウォール街とも呼ばれた歴史建造物を眺めたり
快晴で陽炎がたゆとう廃線跡を見ながら
932429_1668891833_220large.jpg932429_1668891831_99large.jpg
焼けた線路たゆとう陽炎は ゆるやかな風をあつめて♪

なんてI'veの名曲を口ずさんでいるうちに
小樽運河に到着。
932429_1668891822_103large.jpg932429_1668943563_94large.jpg
ここも星空のメモリアに登場しました。
932429_1668943545_232large.jpg

932429_1668943540_148large.jpg932429_1668943536_68large.jpg
実はこの部分、後でとあるご老人から
小樽の歴史を伺う機会があったのですが
運河の史実と一致するんですよね。

運河からすぐ近くの埠頭へ
932429_1668891824_128large.jpg932429_1668943578_44large.jpg

運河沿いの大通りを南下すると土産物屋の並ぶ通りがあり
その先に小樽オルゴール堂があります。
932429_1668891784_64large.jpg932429_1668891812_157large.jpg
ここも星空のメモリアに登場しました。
932429_1668891787_168large.jpg932429_1668943566_33large.jpg
ここが一番それっぽいかな?
他にも近そうなカットや館内の写真(撮影可)を並べときます。
932429_1668891790_204large.jpg932429_1668943572_12large.jpg
932429_1668891809_228large.jpg932429_1668891806_119large.jpg
932429_1668891802_26large.jpg932429_1668891796_235large.jpg
932429_1668891793_161large.jpg932429_1668891786_121large.jpg

作中に登場したものと同形のカレイドオルゴール
932429_1668891814_89large.jpg932429_1668943615_79large.jpg

オルゴール堂の次は堺町付近から高台に一本入り
急な坂を登り水天宮を目指します。
その途中に寄った旧寿原邸
932429_1668891782_72large.jpg
ここで訪問者台帳を記帳している際に
建物を管理されている前述の
(実体験の主観による)小樽の歴史を説明してくださったご老人に話しかけられ
「小樽最初の衆議院議員の高橋直治氏が~」と歴史の薀蓄は置いておくとして
中山美穂と豊川悦司主演の映画ラブレター(1995年)のロケ地としても
使われたことなども教えてくださいました。
※後々調べたら旭展望台も使われていたらしい
932429_1668891774_237large.jpg932429_1668891769_86large.jpg
932429_1668891759_41large.jpg932429_1668891757_232large.jpg
建物及び庭は3階(段)となっていて海を見渡せる作りになっているとのこと。
932429_1668891762_107large.jpg
この黒電話はまだ使用可能みたいですw

旧寿原邸から少し登ると高台頂上の水天宮に到着。
932429_1668891744_135large.jpg
検証では星空のメモリアに登場する星天宮は後述の別の神社となっている様ですが
名前のモチーフはこちらっぽいですね。
932429_1668891754_65large.jpg932429_1668891747_48large.jpg
932429_1668943603_121large.jpg
石川啄木の碑があります。
932429_1668891739_73large.jpg
ここからの小樽の景色も絶景です。
932429_1668891736_224large.jpg932429_1668891725_193large.jpg

とりあえずここら辺で昼飯にするかと思い立ち
小樽運河へ戻り小樽市博物館の裏側に入った道にある海猫屋へ。
932429_1668891712_166large.jpg
人力車に乗った観光客も見かけたので
海猫屋も伝統建造物などとして保護されているのかな?
932429_1668891716_125large.jpg932429_1668943738_100large.jpg
そしてここもWind -a breath of heart -に登場しました。
そんな由緒正しい(?)店ですので昼食は当然ここで
932429_1668891710_60large.jpg
開店以来30年変わらぬ辛さとうまさの定番の海猫屋オリジナルカレーライスと
オニオングラタンスープを注文。
スープが夏日で暑かったのが難点でしたが満足できましたw

海猫屋を後にして今度は駅から北東の手宮方面へ。
途中にプラネタリウム併設の小樽総合博物館があったけど
こちらも検証によると星メモに登場するのは別の場所だそうです。
932429_1668891702_240large.jpg932429_1668891675_129large.jpg
932429_1668943591_138large.jpg

手宮方面でも山(坂)を登り
932429_1668891598_155large.jpg932429_1668891592_130large.jpg
手宮公園とほぼ同位置の小樽稲荷神社へ。
ここが先ほどの星天宮のモデルではないかとされているようです。
この日は祭事を催してました。
932429_1668891649_226large.jpg932429_1668943613_36large.jpg

近くには更に別の厩稲荷神社もあります。
932429_1668891588_171large.jpg


とりあえず以上で本日の巡礼はミッションコンプリート。
若干自転車返却の時間に余裕があったので小樽運河まで戻って
(ARIA的な意味で)北一ヴェネツィア美術館を見学したり
932429_1668891585_185large.jpg932429_1668891579_134large.jpg
932429_1668891575_186large.jpg932429_1668891569_226large.jpg

六花亭の喫茶室で休憩したりして時間を潰しました。
932429_1668891566_239large.jpg932429_1668891559_192large.jpg
コーヒー無料。スタバ感覚で休めて非常に良かったです。

夕方前にはちゃりんこ・おたるさんに戻り
親切に色々説明してくださった店主にもお礼を言って
小樽を後にして札幌まで帰りの電車に。
932429_1668891556_188large.jpg932429_1668891553_97large.jpg
932429_1668891548_35large.jpg
非常に充実した1日になりました。


・・・山3つ分くらい自転車で登って疲れたけどな!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淫獣

Author:淫獣
静岡で毎月末に積みゲーの塔を建造中。
その他の趣味は音ゲー(IIDX)や漫画・ラノベなど。
最近は食べ歩き資格取得も色々と

・beatmania IIDX
ID:1617-3314 
SP十段/DP十段
フォロー・ライバル登録ご自由にどぞー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
先生、お兄ちゃんを好きになっちゃ駄目ですか? 『お兄ちゃんティーチャー(おにティ)』応援中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。